スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IE6をお使いの方にお詫び

久しぶりにこのBlogのチェックをIE6でおこなったところ、右カラムが下に回り込むというレイアウト崩れが発生していたことに今更気がつきました。IE6をIE7にアップグレードしたため、IE6を使う機会がかなり減ってしまっていて、気がつくのにずいぶん時間がかかってしまいました。今後はこのようなことがないように、レイアウトを変えた際は逐一チェックしたいと思います。

原因はIE6が互換モードで動作していたためです。とりあえず暫定的に下記のXML宣言を外すことで対応しました。
<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
Alternative Design Project
ADP: IE6のwidth解釈バグ対処法

IE6では、IE5.5までに存在したいくつかの致命的な解釈バグを直した「標準準拠モード」と、間違った解釈のままつっぱしる「後方互換モード」を、ページ制作者が選択することができる。
~中略~
一番の問題は、IE6はHTMLのいちばんあたまにDOCTYPE宣言を書かないと必ず後方互換モードとして解釈してしまうことである。よくあるケースは、XHTMLで書く場合。通常、XHTMLではDOCTYPE宣言の前にXML宣言を書くため、IE6では有無を言わせず後方互換モードになってしまう。ページ制作者が標準にあわせて書いても、IE6が後方互換で解釈してしまうと思ったとおりに表示されないし、IE6の後方互換の見た目に合わせて書けば、標準準拠で解釈するFirefoxやOperaで思ったとおりに表示されない。はまる。

近いうちにXML宣言をおこなってもきちんと表示されるように、修正したいと思います。
[追記]
修正完了しました。現在はXML宣言ありでもIE6で正常に表示されることを確認しています。メモ代わりもかねて参考にしたURLを残しておきます。

参考URL
小粋空間
固定3カラムのIE6・後方互換モード対処方法
Alternative Design Project
ADP: IE6のwidth解釈バグ対処法
ADP: フロートとマージン
ADP: floatレイアウトでつまづかないためのTips
訪問者に優しいWebサイト作り
文書型宣言とブラウザでの表示
Dig*Dag
Firefox IE 表示の違い クロスブラウザまとめ
Webデザインとグラフィックの総合情報サイト - MdN Interactive -
(5)floatで配置したブロックが落ちてしまった!
今日の覚え書き Tickler's bunkum days
width解釈の違いへの対応策