ファミペイ(FamiPay)残高は現金と併用できるのか、実際にファミマで試してきた

 「ファミペイ(FamiPay)」は“ファミリーマート専用”とも言える、バーコード決済とクーポンなどの機能が一体化したアプリだ。2019年7月にスタートし、直後からチャージ額に応じて10~15%の還元(FamiPayボーナス)がゲットできるというキャンペーンも開始していた。自分もこの時に現金でチャージして、その後に10%分のボーナスが付与されている。

ファミペイ(FamiPay)

 利用可能範囲は(ファミマオンリーなので)極めて狭いファミペイだが、実は他のコード決済と比べたときに大きなアドバンテージがある。それは払込票の支払い(収納代行)に使えたり、「POSAカード」と呼ばれるAmazonギフト券などのプリペイドカード(金券)が購入できることだ。nanaco(+セブンイレブン)やWAON(+ミニストップ)など似たようなことができる電子マネーもあるにはあるが、基本的には例外的な存在で、この“現金でしか払えないものが払える”という特徴は、覚えておくと便利なことが結構がある。
 ご多分に漏れず自分の場合も、チャージしたFamiPay残高は、公共料金の支払いに充ててしまった。付与されるボーナスも加味して、高い公共料金を少しでも安くしよう……という魂胆だったわけだ。ただ、一部の払込票は支払えないものもあるので、チャージする前にアプリから支払い可能かチェックしておくのをおすすめしたい。

 ところでファミペイは前述のようにチャージ式なので、使えば使うほど残高が減っていく。2回ほど使用したあとに、自分の場合も「中途半端にファミペイ残高が残る」という状態になってしまった。最初は残ったその分だけ、1円単位で購入価格を調節できるAmazonギフト券かバニラVISAカード、つまり前述のPOSAでも買おうかと思っていたのだが、「どうせなら全額公共料金の支払いに使えた方が得ではないか?」と考えた。つまりファミペイ残高を使い切った上で、残りを現金で支払いたいという状態になったわけだ。
 なのでこの「ファミペイと現金の併用」について調べてみたのだが、残念なことに公式サイトに明確な答えは載っていない。「よくあるご質問」というヘルプページはあるのだが、残高不足になったらどうするのかといった項目は(2019年9月下旬現在)ないようだ。
 またここと同じような個人サイトには「ファミペイと現金やTポイントは併用できる」といった記述があるページも見つかるが、「収納代行でもできるのか?」といった細かい情報については、やはり探した限りは見つからなかった。

 しょうがないので実際に自分自身が確かめてきたので、その結果を書いておきたい。

公共料金の支払い(収納代行)でも「ファミペイと現金の併用」はできるが、注意点あり

 見出しですでに書いてしまっているが、先に結論を書いておくと「ファミペイ(残高)と現金支払いは併用できる」というのが結論だ。ただし注意点が2つほどあるので、気をつけてからファミマのレジに向かって欲しい。

 まず1つ目は、「ファミペイ残高を使い切った上で、残りを現金で支払う」ことしかできないという点。
 例えばファミペイ残高が3000円分あるとして、「2000円分のファミペイ残高を指定して使って、残りを現金支払いにする」といった形は無理で、可能なのはあくまで「3000円分使い切って、残りを現金で充足する」といった支払い方法だけだ。実際のレジのオペレーションとしては、「FamiPayで払おうとする → 残高不足というエラーが出る → 1回FamiPayで決済(全額使用)する → 差額を現金で再支払いする」といった流れでおこなわれるようだった。
 つまり併用すると決めた以上は、“キャンペーンに備えて少しだけ残しておく”といったことはできない。もしファミペイ残高が必要になったら、再度チャージをするしかないだろう。

 そして2つ目は、「ファミペイと現金の併用」はかなりイレギュラーな支払いシチュエーションらしく、店員の人が理解(経験)している可能性がかなり低い点だ。
 実際に自分も店頭に行って、「ファミペイで公共料金を支払いたいが残高が足りない。現金と併用できるのか?」と聞いたところ、ベテランっぽい人だったが最初は「わからない」と言われてしまった。話を聞くと、一度もやったことがないとのこと。
 自分の場合は「無理ならこの場でチャージするので、いちおう(レジ操作を)試してもらえないか?」と言って試してもらって、上でも触れたがその後レジ画面で“残高を使い切った残りの金額”に現金を充てられることがわかり、やっと支払えたという流れだった。あえて店が空いてる時間を狙って行ったから良かったものの、混んでいる時間だったらかなり迷惑になってしまったことは間違いないだろう。

 当然のことながら、同じコンビニの店員でも人によって知識やスキルの差がある。場所やタイミングによっては、最初から「ファミペイと現金は一緒に使えない」と言ってしまう人もいるかもしれないし、タイミングによっては(支払えても)レジが混乱状態になって大行列ができてしまう……なんて可能性も十分に考えられる。
 個人的なアドバイスとしては、「払込票をファミペイと現金で支払おうとする」といったかなり珍しい作業をしてもらうなら、なるべく店が空いている時間を見計らい、かつそれなりに経験があってイレギュラーな状態に強そうな店員の人にやってもらう方がいいのではないかと思う。「仕様上できる」のと「(良くあるので)スムーズにできる」は別の話で、今回のようなシチュエーションはネットの言及数を見ても、“スムーズにできる方”でないのはほぼ間違いないだろう。

 例えば前述のnanacoでも、「センターお預り分を駆使して、少ないnanacoカードで数十万円分の払込票を支払う」なんて方法もあるのだが、調べてみるとやっぱり評判はあまり良くないようだ。

 従って「ファミペイ残高を現金と併用し、公共料金の支払いに充てることはできる。ただ手間取るかもしれないので、それ相応の(時間を調整するなど)下準備と覚悟を用意してから実行した方がいい」というのをまとめとして、この記事を締めくくりたい。