液漏れした電池で調子が悪くなったリモコンなどの機械を復活させる方法

三菱電機のアルカリ電池

 近年使い捨て型の(普通の)電池はどんどんアルカリタイプが主流になりつつあるようだが、個人的にはマンガン電池が好きだ。とにかく一番のメリットは「(普通に使用して)液漏れしにくい」ことで、何らかの事情で長期間使用しないことがあったり、あるいは消費電力が少なく電池を交換する機会が非常に少ない機器でも、安心して使えるのがその理由。

マンガン電池はリモコンの電源という用途ではアルカリ電池よりも液漏れの危険性は少ないです。
アルカリ電池は、まだ使えるだけの電圧が残っている状態から液漏れが発生するのに対して、マンガン電池では、リモコンが使えなくなる程に使い切ってから液漏れが発生するため、電池交換をする頻度が多いマンガン電池では、液漏れに当たる確率は小さくなります。
仮に液漏れを起こしてもアルカリ電池と比べて毒性や腐食性が小さい為、推奨されています。

eneloop(エネループ)使え!

最近のマンガン乾電池の電解液は、塩化アンモニウムから「塩化亜鉛」に変わってるようです。塩化亜鉛は、結晶化して粉状になりますから液漏れの確率は断然少ないはずです。

昔のマンガン乾電池はスチール封印がしてないものが多かった事と塩化アンモニウムの電解液だったので液漏れがありましたが、現在のマンガン乾電池の亜鉛電極剥き出しは稀ですので液漏れは圧倒的に少ないはずです。

マンガンとアルカリ乾電池液漏れしやすいのは? - その他(家電製品) | 【OKWAVE】

 アルカリ電池はとにかく懐中電灯やリモコンには向かず、動作しないと思って電池ケースのふたを開くと、見事に液漏れして腐食が発生していることが珍しくない。安価だったり入手性が良い機械なら壊れても諦めがつくが、すでに入手できないような機器が液漏れでやられたらたまったものではない。

 電池が液漏れする理由は大きく分けて2種類あるらしく、1つは「製造時や輸送時の不良(初期不良)」なのだが、こちらは製造技術の向上によりほとんど起きなくなっているとのこと。
 だが、もう1つの「過放電による液漏れ」は基本的にどうしようもなく、未だに多くの場所で発生しているし、実際に自分の周りの機器(特にリモコン)でも液漏れを見る機会は決して少なくない。特に「最初からついている電池」がアルカリだったりする場合は、これが原因で「1回目の電池交換時に、すでに液漏れが発生してた」なんてことすらある。

もう1つは「電池の使用中や使用後の液漏れ」です。

この液漏れの要因系は以下に記載されていますように多岐にわたりますが、液漏れが発生するプロセスは、ほぼどれも同じです。乾電池は化学変化で電気を発生させていますが、使い終わった電池の放置だけではなく通常の使用状態でも化学反応によって電池内部ではガスが発生します。

当社の乾電池には、電池内部で発生したガスを吸収するための構造を設けて、液漏れが発生しにくくなっております。しかしながら、ショートや充電などの急激な異常化学反応や限度を超えた過放電放置などの条件の場合、大量のガスが発生することで電池内部の圧力が異常に上昇し、電池が破裂する危険な状態となるため規定圧力を超えると安全にガスを抜く構造を採用しています。(下図 ガスケット部)
この安全機構が作動するとガス放出と同時に電池内部でガス化した電解液や液状のままの電解液が一緒に放出されることがあり、これが液漏れという現象になってあらわれます。

よく技術進歩により「最近の乾電池は液漏れはしないはず」と思われがちですが、これは1つ目の「未使用の液漏れ」であって、2つ目の「電池の使用中や使用後の液もれ」は異常に発生したガスを安全に抜くための動作であり、最新の乾電池でもほとんどの場合、液漏れが発生すると言えます。

[アルカリ・マンガン] 乾電池が液漏れを起こす原因は? PZ18155

 こういった電池ボックス内での液漏れが発生すると、本体に故障が発生して、そのまま電池を交換しても正常に動かなくなってしまうことがある。酷い場合は電解液が機器の奥まで浸透してしまうことがあるし、仮に軽度の被害でも、電池ケースの端子部分の金属が腐食によってくすんだ色に変わってしまう。こうなると端子部分の通電状態が悪くなってしまい、正常に電気が流れなくなってしまうのだ。

 このような状態になってしまった機器(電池ボックス)を直す方法はいくつかあるようなのだが、個人的に一番楽だと思うのは「無水アルコールで腐食した端子部分を拭く」方法だ。使うのはティッシュで良く、少し多めにアルコールを付けて擦ってやれば、簡単に腐食部分が(完全に元には戻らないが)掃除できる。

B000TKDKA8

 実際にいくつもの「電池が液漏れしてしまったリモコン」に試していて、多くの場合は無水アルコールだけでまったく問題なく動くようになった。大量に液漏れして内部までやられてる場合はどうしようもないが、通常は単3か単4電池で動いているリモコン程度なら、そんなに大量の電解液が漏れることもないので、直る可能性が高いはずだ。困ったときは、試してみてはどうだろうか。