スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8.1が今ならAmazonで最大1500円OFF!……なので買った

Microsoft Windows 8

今、自分がメインで使っているPCのOSはWindows 7なのだけれど、これを近々Windows 8.1にしようと思っていた。実はまだWindows XPの環境が残っているので、XPのサポートが切れる2014年4月になる前に、今使っているWindows 7をそっちに移動させたいのがその理由。

Windows 8で変わったライセンス形態は再度変更され、Windows 8.1はアップグレード版がなくなり、通常版(リテール版)とDSP版のみが販売されている。面白いのは通常版とDSP版の価格差が非常に小さくなったことで、PROでない無印のWindows 8.1は、Amazonだとほぼ同額で販売されている。

 
※右がDSP版

もちろん、DSP版の方が若干安いものの、DSP版が32bitか64bitかの選択式(片方にしか対応していない)パッケージなのに比べ、通常版は1パッケージで32bitと64bitの両方に対応している。個人的には32bit版を使う予定はないものの、単純なお得感でいえば通常版の方が大きいと感じる人も多いのではないだろうか。
というわけで通常リテール版を買う予定でいたのだが、現在Amazonでは、通常版がさらにお得になるキャンペーンをやっていた。PROなら1500円、無印版でも1000円引きになるクーポンが公開されている。

使い方は簡単で、購入時に上のリンク先のクーポンコードを入れるだけ。どうやらDSP版は対象外らしいので、期間限定ではあるものの、無印版のWindows 8.1は価格が逆転しているわけだ。これ幸いということで、サクッと注文した。時間が取れる年末年始にゆっくりインストールしようと思っている。
ちなみに、PROだとさらにプラス500円の割引を受けられるが、こちらは通常版とDSP版の価格差が大きいので、お得感はあまりない。PROが欲しいなら、素直にDSP版を選んだ方がずっと安い。

 
※右がDSP版

それはまあともかくとして、(PROでない)無印版のWindows 8.1を買う予定があるなら、お買い得であるのは間違いない。期限は12月31日2014年1月31日まででなので、欲しい人は早めにゲットしておいてはいかがだろうか。