Bluetoothのオーディオ機器を高音質で楽しむための「AAC」と「apt-X」

CSR社 apt-x

「無線で音楽を飛ばす」というとFMトランスミッターなどの昔ながらの方法もあるが、近年の主流はやはりBluetoothだろう。携帯オーディオ機器(iPodなど)やスマートフォン、タブレットという最新デジタルガジェットに加え、最近ではAVスピーカーやAVアンプでもBluetoothに対応しているものが珍しくなく、音楽を無線で楽しめる環境はどんどん整っている。デバイスを直接ケーブルで繋がなくていい、というのはやっぱり大きな魅力だ。

ただし、Bluetoothのオーディオ機器には弱点があった。それはある意味根本的な音が悪いことで、「音質を気にする人は無線(Bluetooth)なんて最初から選ぶな」と良く言われていた。それは商売上どうしても好意的なレビューを書くことが多い商業メディアなどでも、ノイズや音質に関してはそれなりに触れざるを得なかった……というあたりにも現れていた。

結論から先に書いてしまうと、この「音質の悪化」はイヤフォンやBluetooth規格自体が悪かったわけではない。言ってみれば「実装」の部分に問題があり、そのせいで「Bluetoothオーディオは音の劣化が避けられない」という現象が発生していた。しかし、最近はその部分が改善された商品が販売されつつあり、その部分さえ押さえておけば「劣化が非常に少ないクリアな音声」を聞くことができる環境が整ってきている。

今回はそのあたりをちょっと整理してみたい。

Bluetoothオーディオはなぜ音質が悪くなってしまうのか

Bluetoothではオーディオデータをやりとりするために「A2DP」(Advanced Audio Distribution Profile)というプロファイルが存在して、Bluetooth用のオーディオ機器ならこれに対応している。Bluetoothは一度に通信可能なデータ量(帯域幅)が大きくないため、この「A2DP」では無線でデータを飛ばす前に圧縮することになっている。問題はここで使われる「コーデック」、つまり「圧縮フォーマット」だ。

A2DPでは「SBC」(SubBand Codec)という圧縮方法が規格上必須のコーデックとして定められていて、ほとんどの機器はこれにしか対応していなかった。問題はこのSBCが圧縮効率や速度を優先したもので、圧縮後の音質がお世辞にも良くない、というか明らかに悪くなってしまうこと。調べるとSBC自体のビットレートは512kbpsまで規格上認められているものの、製品の仕様によって容量が1/20ぐらいに圧縮されていることも多いらしく、大きな音質の劣化に繋がっていることが珍しくない。特に無音時の「サー」というホワイトノイズは避けることができないようだ。

ちなみにA2DP自体には、後述する「AAC」以外にもオプションとして「MP3」や「ATRAC」などの比較的馴染みが深いコーデックも定義されているのだが、実際はほとんど利用されずに終わっている。ライセンスの問題や圧縮時の負荷など、コストやそれ以外の問題が色々あったものと思われる。

「SBC」より高音質が望める「AAC」と「apt-X」

そろそろ本題に入ると、数年前からBluetoothオーディオでも「SBC」以外の圧縮コーデックを使用することを売りにするハードが出てくるようになった。前述のようにデータ送信時にSBCで圧縮するから大きく音が劣化してしてしまうわけで、それをもっと高音質・高品位なコーデックに変えればいいというわけだ。具体的に2013年現在で主流の“SBC以外”のコーデックは以下のふたつになる。

AAC

A2DPで定められているオプションコーデックのひとつ。iTunesや各種ポータブルオーディオ機器、デジタル放送などで使われるAACと同じ。再生ソース(音楽ファイル)がAACなら、Bluetoothでの送信時に再度圧縮することなくそのまま送信をおこなうため「オリジナルのAACからまったく劣化しない」とされている。しかし、どうも実際の挙動はハード側の実装によるようだ。(特にAppleはこのあたりの詳細な仕様を積極的に公開していないと言われている。)

機器としては主にAppleのガジェットであるiPodやiPhone、iPadなどが対応している。

apt-X (aptXとも)

CSR社が提供しているコーデック。A2DPの規格に入っていないが、対応機器なら問題なく使用できる。遅延の少なさも売りにされていて、「動画の再生に使っても音のずれを感じにくい」と言われている。圧縮後のビットレートは352kbps。

機器としては主にAndroidを採用するスマートフォンやガジェットが対応しており、Apple系のハードでは(iOS以外の)Mac OS Xで動作しているものが対応している模様。

AAC / apt-X を使うためには

まず前提として、送信(スマートフォンなどの端末側)と受信(Bluetoothヘッドフォンやスピーカーなどの再生側)の両方の機器がAAC / apt-Xに対応している必要がある。両者に互換性はないので、「片方がAACに対応していて、もう片方がapt-X対応」などではもちろん意味がない。どちらか片方しか対応していない場合、使われるコーデックはプロファイルで必須とされているSBCのみ。逆に両方の機器がAACとapt-Xに対応しているときには、以下のページによるとapt-Xが優先されるらしい。

もうひとつ気をつけなければならない点として、「端末自体の再生対応フォーマットと勘違いしてはいけない」ということがある。とくにAACで勘違いしやすいと思うが、例えばウォークマンのような再生機器側でAACファイル形式の音楽が再生できるからといって、Bluetoothの送信コーデックにAACが使えるわけではない。これは再生ファイルの対応形式とは完全に別の話であって、もしWebページや説明書などの「製品仕様」で対応状態を調べるときは「Bluetooth」の項目を確認する必要がある。具体例を挙げるなら以下のような感じだ。

ポータブルオーディオ機器のBluetoothコーデック対応状況
「ZEN X-Fi3」のコーデック対応状況。青枠で囲まれた“再生フォーマット”としてはAAC(M4A)に対応しているが、赤枠の“Bluetoothの送信コーデック”としてはapt-Xにしか対応していない。

上のスクリーンショット画像は、クリエイティブのZEN X-Fi3という端末の製品仕様ページからキャプチャして引用したもの。オーディオの再生フォーマットしてはAACなどに対応しているが、BluetoothのコーデックとしてはAACに対応していない。例えばこの場合、再生側のヘッドフォンなどがAACにしか対応していなければ(必ず対応している)SBCで圧縮されて送信されることになるため、音質は劣化してしまう。製品仕様のページは大概文字がズラズラ並んでいるだけなので読みやすいとはいえないが、きちんとチェックしておいた方がいいだろう。

結論としては、新しくBluetoothオーディオ機器を買う予定ならば、最初から両対応のものを選んでおけば間違いない。例えそれが無理でも、最低限自分が今持っている端末やハードがどちらのコーデックに対応しているかチェックしておき、その規格にあった機器を選んでおきたいところだ。単に「Bluetooth対応!」という宣伝文句に飛びついてしまうと、痛い目に会ってしまってもおかしくない。

PCで高音質のBluetoothオーディオを楽しむには

先ほど「Macはapt-Xコーデックに対応している」と書いたが、Windows環境でも使う方法がある。Windowsマシンの場合は各メーカーが好き勝手にハード構成を決めるため、PCによってBluetoothの有無はもちろん、対応するバージョンやプロファイルも完全にバラバラだが、それなら後付けでUSBのBluetoothアダプター(ドングル)を装着してしまえばいい。

かつてはほとんど選択肢がなかったapt-X/AAC対応製品だが、2014年現在では少しずつだがラインナップが増えてきている。

Bluetooth製品のラインナップが2013年から変わってきたため、一部加筆修正。

ロジテック(Logitec)製

 

かつては一番入手しやすく、かつ値段も安かったapt-X対応USBアダプター。2012年の登場と発売からかなり時間が経っているが、以前から安定性で評判が悪く、今もそれはあまり変わらないようだ。原因はドライバ関係の不具合が多く報告されていて、しかも積極的なアップデートがされなかったこと。ドライバのインストールさえできれば特に問題ないようなのだが、そこまでたどり着けず結局使えないトラブルが数多く報告されている(下のリンクは使えた場合の報告)。

グリーンハウス製

グリーンハウスからもapt-X対応のアダプターが発売されている。発売時期は上記のロジテック製とほとんど変わらないものの、製品自体がマイナーなのか、評判自体があまり見つからないのが弱点。
ただ、少なくとも上のロジテック製アダプターよりかは不評が少ないように見える。

この製品もインストール時に問題が起きることがあるようなのだが、事前に(別のBluetoothアダプターを使っていたなら)ドライバをきちんとアンインストールしておくと、トラブルを減らすことができるようだ。

クリエイティブ製

クリエイティブからは、「BT-W2」というapt-X対応のUSBのアダプターが発売されている。公式サイトによると、一般的な製品とは毛色が違い、汎用的なBluetooth用のUSBアダプターではなく、前述のA2DPプロファイルのみに対応したオーディオ専用品という扱いになっている。

上記のように汎用的なBluetoothアダプターとしては機能せず、「FastStream」というクリエイティブオリジナルの規格に対応した、同社製の製品と組み合わせた場合のみ他の機能(マイク入力や機器の操作)が使えるようになるなど、クセが強い商品だが、評判はそこそこいいようだ。オーディオ機器としての機能しか求めないなら、値段はそこそこ張るが悪くない選択肢かもしれない。

バッファロー(iBUFFALO)製

バッファローが発売するBluetooth USBアダプターでは、「BSBT4D09BK」というモデルが、apt-Xにいちおう対応しているとされる。なぜ“いちおう”かと言えば、公式にはapt-Xへの対応をうたっていないからだ。利用者のレビューにより、apt-Xが使えることはほぼ間違いなさそうだが、公式ページではなぜか触れられていない。

大手が販売するだけあって入手性はいいし、値段も高くないのはメリットだろうか。
ただし、公式に対応してないだけあってメーカーサポートは望めず、仕様変更でいつの間にかapt-Xが使えなくなっている……という可能性もありうる。このあたりを自己責任として割り切れるなら、悪くないかもしれない。

サンワサプライ製

2013年までは、USBタイプのBluetoothアダプターでAACコーデックに対応しているものは存在しなかったのだが、2014年になってついにapt-X/AACに両対応した製品が登場した。サンワサプライ製の「MM-BTUD43」(下位モデルは「MM-BTUD44」)というモデルだ。上で紹介したモデルはすべてapt-Xにしか対応していなかったので、ある意味「決定版」と言えるUSBアダプターが出てきたと言えそうだ。

 

問題としては、製品自体が出てきて間もないためか、ネット上にレビューや評判がほとんどない点が挙げられる。これで安定した製品なら文句の付けようがないのだが、評価が固まるまでは、まだ少し時間がかかるかもしれない。

apt-X/AACの対応製品について

2014年現在、apt-X/AACはまだまだマイナーな規格(単語)のようだ。Bluetoothオーディオの盛り上がり自体は今も続いているが、apt-X/AAC対応製品は、未だに(能動的に)“探す”というレベルにとどまっている。以前に比べ種類は増えてきているが、「たくさんありすぎて、どれを選んでいいのかわからない!」という状態には、未だほど遠い。

とはいえ、USBアダプターでもapt-X/AAC両対応の製品が出てきたりと、少しずつだが状況が変わってきている。今後も選択肢を広げるため、メーカーには積極的な対応品の発売を望みたい。