スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザシェア 2009年1月期 集計結果

2009年1/1から1/31の期間にこのBlogにアクセスした人が使用していたブラウザの集計データです。データは全てGoogle Analyticsで収集・集計しています。

注意 : このエントリの数値は、あくまでこのBlogにおける集計結果でしかありません。ブラウザの利用傾向はサイトが扱うテーマや利用者層によって大きく変わります。これは国内ブラウザシェアの参考データの一つに過ぎないことを考慮してください。

訪問者全体のブラウザシェア(利用率)

全体のブラウザシェア 2009/01

  1. Internet Explorer : 55.83%
  2. Firefox : 32.38%
  3. Opera : 5.28%
  4. Safari : 2.76%
  5. Google Chrome : 2.63%

(11~12月分データ)

ブラウザごとのバージョン使用率

Internet Explorerのバージョンシェア(IE7の普及率)

IEのバージョン別使用率 2009/01

  1. 7.0 : 55.87%
  2. 6.0 : 43.19%
  3. 8.0 : 0.78%
  4. 5.5 : 0.12%

(11~12月分データ)

Firefoxのバージョンシェア

Firefoxのバージョン別使用率 2009/01

  1. 3.0.5 : 85.48%
  2. 2.0.0.20 : 4.91%
  3. 3.0.4 : 1.93%
  4. 3.0 : 1.49%
  5. 3.0.3 : 1.01%

(11~12月分データ)

Operaのバージョンシェア

Operaのバージョン別使用率 2009/01

  1. 9.63 : 59.63%
  2. 9.62 : 15.19%
  3. 9.60 : 3.38%
  4. 10.00 : 2.95%
  5. 9.52 : 2.95%

(11~12月分データ)

Safariのバージョンシェア

Safariのバージョン別使用率 2009/01

  1. 525.27.1 : 68.01%
  2. 525.20.1 : 10.75%
  3. 525.20 : 4.03%
  4. 525.22 : 3.49%
  5. 312.6 : 3.23%

(11~12月分データ)

Google Chromeのバージョンシェア

Google Chromeのバージョン別使用率 2009/01

  1. 1.0.154.43 : 62.15%
  2. 1.0.154.36 : 32.49%
  3. 1.0.154.46 : 3.39%
  4. 2.0.157.2 : 0.56%
  5. 0.4.154.29 : 0.28%

(11~12月分データ)

集計期間の主なトピックス

SafariとChromeの差がわずかに

Google ChromeとSafariのシェアがほぼ同じになりました。元々の比率が低いため変動はただの誤差とも考えられますが、以前のデータと比べればSafariが減少しChromeが増加したのは間違いありません。ただSafariの比率はMacのアクセス数に大きく左右されるため、単純にMacからのアクセスが減少したのが理由とも考えられます。

わずかながらもIE6は減少中、IE7への移行が進む

11月の集計分からIE7がIE6を逆転していましたが、2009年1月分でもIE6が盛り返すような現象はありませんでした。順調とは言えないもののIE6は減少し続けており、IE7への置き換えが進んでいるようです。

Opera 10は減少傾向に

12月の集計分からOpera 10 アルファ版が登場していますが、利用率は12月の4%弱よりむしろ減少しています。「試しに」使っていたOperaユーザが安定版に戻り、テストに興味があるユーザだけが残ったのが原因かもしれません。