スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blogや個人サイトのたとえ話に「家」を使うのは混乱の元になるだけ

個人運営のWebサイトやBlogを現実世界の「家」に置き換えるたとえ話は本当によく見ます。手法としてはポピュラーすぎて探せばあきれるほど簡単に見つかりますが、とりあえず最近見かけた例を一つだけリンクしておきます。

はてなブックマークはどのように権威を調達しているのか - EMPTINESSの修行時代 はてブ数

なぜ家に例えたがるのかはよくわからないのですが、日本では「Webサイト」のことを「ホームページ」と呼んで、それが一般化しているのが原因の一つかもしれません。「ホームページだから"家"なんだよ」というたとえ話は、確かに初心者には直感的で受け入れやすいようにも思えます。

ただWebサイトをホームページと呼ぶのは元々誤用から来ているので、私は(特別に何かない限り)自分から使うことはありません。一つの知識として覚えておくといいかもしれません。

で、この個人サイトを「家」にするたとえ話なのですが、私は以下の二つの理由からあまり使用をお勧めしません。というかむしろ「やめるべきだ」と考えています。

  • Webの特性から考えて、たとえ話として不適切になる可能性が(かなり)高い
  • 読み手が(上記のような)たとえ話によって間違った理解をしてしまう

具体例を挙げるときりがないのですが、現実空間と違いWebには以下のような特性があります。

  • 距離という概念がありません。リンクさえ張ってあれば、どこからでもワンクリックでアクセスできます。*1
  • 表通り、裏通り、家の外、家の中のような場所の概念もありません。アクセス制限しない限り、どこに書いても、何を書いても世界中からアクセスできます。
  • 媒体の違いもほとんど意味がありません。Webサイト、Blog、掲示板、SBMなど何を使って書いても誰かに読まれて、言及される可能性があります。
  • コピー・引用が極めて手軽です。結果として以下のことが起こります。
    • 複製が短時間で大量に増える可能性があります。
    • オリジナルを消しても複製品は消せません。
    • 他者の管理によって複製が半永久的にWebに残り続ける可能性があります。
1 : 正確にはリンクが張ってなくてもURIを直接ブラウザに入力すればアクセスは可能。

また「家」という表現に注目すれば、やはり以下のような大きな違いがあります。

  • 玄関とか入り口という概念はありません。どこからでも入れますし、立ち去れます。
  • 壁とか窓とかそんなのもありません。すべて丸見えです。プライバシーのかけらもありません。
  • 隣とか、近所という概念もありません。物理的に距離が存在しないので、近いも遠いもないのです。
  • 仮にBlogが家だとしたら、他のサービスも家に例えないとおかしくなります。
    • 明確な理由もなく「Blogは家で、他のサービスは○○だ」というようなたとえ話は混乱を招くだけです。
  • パスワードで鍵をかけることはできます。ただし、鍵を持っている人しか見ることができません。*2

2 : 見せたくない人にだけ見せないのは無理、ということ。

たとえ話は理解の手助けになったり、理解を深める役にも立ちます。私もよく使います。

ただ、実態にそぐわないものを無理矢理たとえ話に押し込めると、話が混乱したり、逆に間違った内容になったりするだけでろくな結果になりません。特にWebをそのまま現実空間に当てはめると、実態が違いすぎて「穴だらけ」の主張になってしまいます。これは覚えておいて損はないでしょう。